Formatting

ピックアップ

美容整形の利用

美容整形は多くの人に人気があるものです。美容整形の中でも近年注目を集めているものにはプチ整形があります。プチ整形についての情報を得て、実際に利用する際に役立てましょう。

詳細を確認する

たるみから治す

たるみを治すことで、クマを治す。そういうことも可能となっています。たるみが原因のクマは、クリニックでの治療を受けることで改善することが出来、お肌を引き締めることで消えてゆくのです。

詳細を確認する

全身の汗腺

人間の体には無数の汗腺が存在しています。体温調整によって汗が出てくる場所が汗腺です。中には汗に関して悩みを抱えている人もおり、汗腺からの発汗が気になるといった人も少なくないのです。

詳細を確認する

トピックス

ほくろの改善

ほくろは体のどこにでも出来るものです。しかし、出来てしまった場所や大きさ、数によってはほくろが悩みのタネになってしまうこともあるのです。ほくろの治療について知りましょう。

詳細を確認する

有効的に消す

クレータにはレーザー治療が主流となっています

ニキビ跡がクレーター状にへこむのは、ニキビが化膿し、炎症が真皮層にまで達してしまったことが原因です。その炎症が治るときに、真皮が正常に戻ったところと、戻らなかったところに分かれるため、へこみができてしまいます。 現在、ニキビ跡のクレーターの治療は、レーザーが主流になっています。レーザーで皮膚に細かい傷をつけ、その傷が治るときの再生力に期待する治療法です。レーザーで真皮層を活性化させ、皮膚を正常な状態に戻すことでクレーターが消えることを見こんで行われます。 ニキビ跡のクレーターは、大きさや深さがさまざまに違い、レーザー治療が効果のない場合もあります。その場合でも、レーザーで真皮層に働きかけ、ターンオーバーを正常にすることで治癒を目指します。 ニキビ跡のクレーターは治療が難しく、個人の皮膚の強さや炎症に対する反応によって効果があるかどうかが分かれます。今後は、クレーター状のニキビ跡に効果のあるレーザーの開発が期待されます。

レーザー治療が向かない場合もあり慎重にクリニックを選びます

ニキビは毛穴の部分の炎症ですが、ニキビ跡を残さないためには、ニキビができた段階で病院で治療を受けることが望ましいでしょう。真皮層や毛根の周囲の組織が炎症で破壊される前に、ニキビの治療を行います。 ニキビ跡は通常の皮膚科でも診療してもらえますが、皮膚科の医師から美容皮膚科を勧められる場合もあります。美容皮膚科では保険治療では行うことができない治療ができるというメリットがあります。 レーザー治療はクレーターに有効な場合がありますが、皮膚の弱い人にとっては、皮膚に傷をつけ肌の再生を促す治療が向いていない場合があります。皮膚はひじょうに個人差が大きいため、他の人に有効な治療法が、別の人には害になる場合もあります。美容皮膚科を受診する場合も、一人一人の皮膚の特性に配慮してくれるクリニックを慎重に選ぶことが大切です。