たるみから治す

皮膚のたるみを改善することで消えます

目の下のクマにはいくつかの種類があり、それによって治す方法が異なっています。 特に多いのが、目の下の皮膚のたるみによってできるクマです。皮膚がたるむと影が作られ、その影がクマとして見えるようになるのです。したがってこの場合、たるみを改善させることでクマを治すことができると言えます。具体的には、コラーゲンやエラスチンなどを皮膚に与えるのです。基礎化粧品で与えることも可能ですが、美容外科でなら注射器でダイレクトに皮下に注入することが可能です。 また、美容外科ではたるんだ皮膚の内部にある脂肪を除去するという治療もおこなわれています。脂肪が除去されれば、皮膚にかかる負担が減り、皮膚はたるみにくくなります。脂肪の厚みもなくなるため、影が一層できにくくなり、クマはきれいに消えます。

レーザーやフォトフェイシャルも使用されます

また、目の下のクマは、色素が沈着することでできる場合もあります。この場合でも、美容外科を受診することできれいに消してもらえます。美容外科では具体的には、シミやニキビ跡と同じように、レーザーを照射することで沈着した色素を破壊していくのです。色素が破壊されれば、色素沈着によるクマは完全になくなります。 さらに、血行不良により血液が目の下で滞って、黒ずんで見えるようになるというタイプのクマもあります。これもやはり、美容外科で治すことが可能となっています。たとえばフォトフェイシャルで温熱を与えれば、それにより血行は促進されますし、皮膚は丈夫になって血液が透けて見えにくくなります。 このように美容外科では、どのようなタイプのクマでも、それぞれに適した方法で治すことができるのです。